ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

溝端淳平がルッソ監督に緊張「ヒーロー映画の革命」

4/16(月) 20:58配信

日刊スポーツ

 俳優溝端淳平(28)が16日、東京・TOHOシネマズ日比谷で、映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、27日公開)スペシャルファンミーティングに出席し、スパイダーマン役の英俳優トム・ホランド(21)アンソニー・ルッソ監督(48)と対面した。

【写真】映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」スペシャルファンミーティングに出席した溝端淳平

 「アベンジャーズ」シリーズのクロスオーバー作品、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」からファルコン役で日本語吹き替えを担当する溝端は、「マーベルファンで、2人が来るのを心待ちにしていました」と来日を歓迎した。監督を目の前にすると緊張した様子を見せ、「アベンジャーズはヒーロー映画の革命。そんな作品を作った監督にお会いできて光栄です」と話した。

 “アベンジャーズファン代表”として出席した佐野岳(26)は、次回作の新キャラクターとして、忍者と侍を提案。トムから「素晴らしいアイデア」と褒められると、「是非、僕にやらせて下さい」と監督へのアピールも忘れなかった。

 この日、トムと監督によるトークイベントが行われた。ルッソ監督は今回が初来日で「念願かないました。東京はイメージを上回るすばらしいところ」と話した。さらに「アベンジャーズ4では、日本がフィーチャーされます。期待していて下さい」と予告し、劇場のファンを沸かせていた。

最終更新:4/16(月) 21:15
日刊スポーツ