ここから本文です

バンドーン「SC出動で1ストップのアドバンテージがなくなった」マクラーレン F1中国GP日曜

4/16(月) 5:45配信

オートスポーツweb

 2018年F1中国GP決勝で、マクラーレンのストフェル・バンドーンは13位だった。

アロンソは7位で入賞を果たした

■マクラーレンF1チーム
ストフェル・バンドーン 決勝13位
 スタートがあまり良くなくて、1周目に少しポジションを下げてしまった。それでも何度かオーバーテイクを決めて、ピットストップまでに多少順位を取り戻すことができた。

 僕にとって問題は、周囲のクルマとの争いを考えた時、1ストップと2ストップのどちらを採るべきかという点だった。だが、そうして考えた末に決めた1ストップは、残念ながら功を奏さなかった。2ストップのライバルは、セーフティカー中にピットに入ることができたからだ。

 終盤にはまたチャンスが訪れるかもしれないと思ったけど、僕自身のペースが十分ではなかったし、最後の数周はクルマから激しい振動が出始めていた。

 今日は僕らが望んでいたようなレースにはならなかった。それでも、レースペースが予選のペースよりも良いことは証明できたと思う。土曜のパフォーマンスを改善するために、ハードワークを続けるつもりだ。バクーではもっといい週末を過ごせるといいね。

[オートスポーツweb ]