ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

加賀温泉郷マラソン、4488人駆ける フル男子で金沢出身の三輪2連覇

4/16(月) 1:35配信

北國新聞社

 加賀温泉郷マラソン2018(北國新聞社、北陸放送特別協力)は15日、加賀市陸上競技場発着コースで行われ、フルマラソン、10キロ、5キロの各部門に4488人が出走した。フルマラソンの男子で金沢市出身の三輪真之(32)=京都市、スタイリッシュ=が2時間29分42秒で総合優勝し、2連覇を果たした。女子は遠藤由加理(41)=京都府城陽市、ミズノランニングクラブ=が3時間9分40秒で総合優勝した。

 雨の中、一斉にスタートを切ったランナーは山代、片山津、山中の3温泉を巡る起伏の激しい難コースを駆け抜けた。

 三輪は、星稜高の後輩の一花建(27)=七尾市=とトップ争いを繰り広げ、「彼がペースメークしてくれて余裕があった。28キロ地点からの上り坂で『ここしかない』と思い仕掛けた」とレースを振り返り、3連覇への意欲も示した。

 3年ぶり2度目の総合優勝となった遠藤は、前回大会で右足を痛めてリタイアした悔しさをばねに快走し、「変化に富んだ加賀温泉郷マラソンはとても好きなコース。途切れない沿道の応援も素晴らしかった」と笑顔を見せた。

 開会式では、組織委員会長の宮元陸市長があいさつし、ゲストのタレント間寛平さん、元マラソン選手のスポーツジャーナリスト増田明美さんらがランナーを激励した。富山市出身のマラソン選手、野尻あずささんはゲストランナーとして大会を盛り上げた。

 金沢ケーブルテレビネット(金沢CATV)は27日、自主放送チャンネル「北國新聞ニュース・プラス」の情報ワイド番組「まちスタ330」で午後4時5分から「加賀温泉郷マラソン2018ダイジェスト」を放送する。

北國新聞社

最終更新:4/16(月) 2:21
北國新聞社