ここから本文です

ジダン監督、レアル指揮官として100勝達成…勝率は驚異の70%越え

4/16(月) 14:17配信

SOCCER KING

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、同クラブの指揮官就任後、公式戦通算100勝を達成した。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節で、レアル・マドリードはマラガと対戦。スペイン代表MFイスコとブラジル代表MFカゼミーロの得点により、アウェイで2-1の勝利を収めた。同試合での勝利が、ジダン監督にとっての公式戦100勝目だった。

 ジダン監督は、2016年1月からレアル・マドリードの指揮を執っている。同紙によると、就任から140試合目で100勝に到達したという。同記録を達成したのは、レアル・マドリードの指揮官として史上6人目のこと。ジョゼ・モウリーニョ監督(現マンチェスター・U)の133試合、ミゲル・ムニョス氏の138試合に次いで、クラブ歴代3番目に早いペースでの偉業達成になるそうだ。

 ジダン監督は100勝25分け15敗の成績を残し、勝率は約71.4パーセントを誇る。また就任以来、2年強で8タイトルを獲得。1タイトルを獲得するのに要した試合数は「17.5」と、驚異的な数字を残している。

 今シーズンもここまで、UEFAスーパーカップ、スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)、FIFAクラブワールドカップを制覇し、3冠を達成。チャンピオンズリーグでは準決勝まで勝ち上がり、史上初の3連覇を視界に捉えている。

 ジダン監督は今後、どれだけ勝利数とタイトル数を伸ばしていくのだろうか。レアル・マドリードの次戦は、18日に行われるリーガ・エスパニョーラ第33節アスレティック・ビルバオ戦になる。

(記事/Footmedia)

SOCCER KING

最終更新:4/16(月) 14:17
SOCCER KING

Yahoo!ニュースからのお知らせ