ここから本文です

CL優勝を熱望するサラー、個人タイトルの獲得には「興味はない」

4/16(月) 17:03配信

SOCCER KING

 リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが、チャンピオンズリーグ(CL)のタイトル以外は気にしていないと語った。16日、イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が伝えている。

 今シーズンここまで公式戦45試合に出場して40ゴール13アシストを記録しているサラー。現在はプレミアリーグ得点ランキングで首位に立ち、2017-2018シーズンのPFA年間最優秀選手候補6名にも選出されるなど、個人タイトルの獲得に近づいている。しかし、サラーは準決勝まで勝ち進んでいるCLが最も大事なタイトルだと断言した。

「もちろん、気分はいいよ。ただ、最終的に点を取ることでチームを助けることができればいい。もし、CLとゴールデンブーツ賞(得点王)のタイトルを選択できるなら、間違いなくCLを選ぶよ。CLを優勝することはみんなにとってとても大きなことだ。他のことに興味はない」

 現在、プレミアリーグ第34節終了時点で、30ゴールを決め得点ランキングで首位に立つサラー。その後ろには、5ゴール差でイングランド代表FWハリー・ケイン、9ゴール差でアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロと続いている。個人タイトル獲得には興味がないと語ったサラーだが、頭にはあることを率直に明かした。

「嘘をつくことはできない。頭にはあるよ。チームを見れば分かると思うが、みんな僕を助けるためにパスを送ろうとしてくれている。そして、それはトッテナムの選手たちがケインを、マンチェスター・Cの選手たちがアグエロを助けようとしていることと同じだ。でも、最終的にはチームとして戦うことが重要だ」

SOCCER KING

最終更新:4/16(月) 17:03
SOCCER KING

Yahoo!ニュースからのお知らせ