ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

CLでレアルにPKを与えた主審の妻にファンが脅迫…警察が捜査に乗り出す

4/16(月) 17:04配信

SOCCER KING

 11日に行われた、チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグ、レアル・マドリード対ユヴェントスの一戦で主審を務めたマイケル・オリバー氏の妻が過激化したサポーターに脅迫されているようだ。15日、イギリス紙『BBC』が報じた。

 普段プレミアリーグで笛を吹いているオリバー氏は同試合の主審を務めた。ユヴェントスはファーストレグで0-3の敗戦を喫していたものの、セカンドレグで3得点を決め、同点に追いつく。しかし、後半アディショナルタイムにレアル・マドリードにPKを与え、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが沈めたことでユヴェントスは準々決勝で敗退していた。

この判定は世界中で大きな議論を巻き起こし、その影響は妻であるルーシー氏にも及んでいるようだ。同紙によると、試合後にソーシャルメディアにルーシー氏の電話番号が流出したことで脅迫的なメッセージが多数送られてきたという。

 この電話番号の使用はその後すぐに停止されたが、ルーシー氏のソーシャルメディアには現在も侮辱の言葉が送られているようだ。さらには、自宅のドアを破壊しようとしたり、過激な行動が見られたため、現在警察が捜査を行っているようだ。

SOCCER KING

最終更新:4/16(月) 17:49
SOCCER KING