ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

近江八幡市長選 新市庁舎建設中止訴えた新人当選

4/16(月) 1:28配信

関西テレビ

関西テレビ

任期満了に伴う滋賀県近江八幡市長選挙は、新市庁舎建設の中止を訴えた小西理さんが初当選しました。

初当選を果たした無所属で新人の小西理さん(59)は、ことし2月に着工した、総額90億円以上の新しい市役所の庁舎について、「高額すぎる」として建設中止を訴えてきました。

3期目を目指した現職の冨士谷英正さん(71)は、これまでの実績をアピールしましたが、及びませんでした。

【小西理さん】
「『小さな庁舎・大きな福祉』ということでやって来ました。(新市庁舎について)白紙に戻して市民、現場の職員の意見を取り入れながら検討していく」

投票率は、前回を6ポイントあまり上回る49・97パーセントでした。

関西テレビ

最終更新:4/16(月) 1:28
関西テレビ