ここから本文です

トーレスが退団発表後に大台到達!「これが最後のゴールにならないように」

4/16(月) 8:58配信

ゲキサカ

 今季限りでアトレティコ・マドリー退団を発表しているFWフェルナンド・トーレスがリーガ通算100点目の大台に到達した。

 15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節のレバンテ戦でに後半13分から途中出場。後半33分に右クロスを豪快な右足ボレーで叩き込み、ファンを震撼させた。アトレティコでの公式戦通算は127ゴール目。これはクラブ史上5番目の記録となっている。

 スペイン『マルカ』は『Beinスポーツ』のインタビューに応じたF・トーレスのコメントを伝えている。「僕にとってはここから最後まで全試合がパーティーになるだろう」。F・トーレスはシーズン終了後の退団を発表しており、残すは6試合。「これが今シーズン最後のゴール、最後の試合にならないことを願っているよ。最後の試合までゴールと先発を狙っていく」と意気込んでいる。

 3-0で勝利した2位アトレティコは、4位以内でシーズンを終えることが確定し、6年連続となるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場を決めている。

最終更新:4/16(月) 9:05
ゲキサカ