ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ダイハツ、タントやムーヴなどの最新軽福祉車両を「バリアフリー2018」に出展

4/16(月) 15:44配信

オートックワン

ダイハツは、2018年4月19日(木)~4月21日(土)までインテックス大阪で開催される、西日本最大規模の高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展「バリアフリー2018」に軽福祉車両を出展する。

このニュースのフォトギャラリー

ダイハツの「フレンドシップシリーズ」は、ミラクルオープンドアのもたらす乗り降りのしやすさや広々とした室内空間を持つ「タント」、基本性能を大幅に向上させた「ムーヴ」等のベース車の魅力に加え、ユーザー満足度の高い福祉機能を備えた全6車種の豊富なラインナップにより、軽福祉車両の中でシェアNo.1を獲得するなど好評だ。

今回のバリアフリー展では、軽福祉車両7台を出展し、ダイハツフレンドシップシリーズの使い勝手の良さや、介助のしやすさなどを体感してもらえるような実演デモを実施予定。

さらに、ダイハツのコトづくりの一つとして、高齢者の自立支援を目的に全国で展開を進めている健康安全運転講座の内容の一部をブース内で体感できるプログラムを昨年に続き実施する。

また、今回はトヨタとの合同展示とすることで、軽自動車から大型車までトヨタグループとして幅広いラインナップの福祉車両を紹介する。

展示車両

・タントスローパー 車いす移動車 2台

・アトレースローパー リアシート付仕様 車いす移動車 1台

・ハイゼットスローパー リアシートレス仕様(折り畳み補助シート付) 車いす移動車 1台

・タントウェルカムシート 昇降シート車 1台

・ムーヴフロントシートリフト 昇降シート車 1台

・アトレーリヤシートリフト 昇降シート車 1台

最終更新:4/16(月) 15:44
オートックワン