ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【特集】だんじりだけじゃない!魚もおいしい岸和田を歩いてみた

4/16(月) 14:40配信

MBSニュース

かつては泉州の雄ともいわれ、城下町としてにぎわっていた「だんじりの街・岸和田」。最近は周辺で「ららぽーと」や「りんくうタウン」などの商業施設ができ、近隣都市では人口が増えている一方、岸和田市の人口は減少傾向にあるようです。そんななか、岸和田でも賑わいを取り戻すべく「岸和田カンカン」という商業施設がリニューアルオープンしました。街の景気を知るために岸和田の街を歩いてきました。

コト消費を重視「岸和田カンカン」

MBSの山中真アナウンサーがやってきたのは、先月リニューアルした「岸和田カンカン」。

「いろいろとお店が並ぶショッピングモールですが、なかなかモノが売りにくい時代、コト消費を重視ということで…ボルダリング楽しそうですね。こういった体験型施設も充実しているようです」(山中真アナウンサー)

他にもオリンピックを見据えたスケートボードや子どもたちが遊べる施設など、ほかの商業施設との差別化を狙っているようです。

Q.岸和田は苦戦していた?
「やはり、りんくうタウンやららぽーととか、近隣に競合施設がたくさん出てきましたので」(岸和田カンカン 滝沢靖徳サブマネージャー)
Q.岸和田の位置は?
「インバウンドで大阪市内は潤っていますが、関西空港から大阪に抜けていくなかで岸和田にはなかなか降りてもらえなかった」

ここ15年でみると、岸和田市の人口は4.4%減少し20万人を下回った一方で、ららぽーとがある隣の和泉市は6.3%も増加していて、逆転されそうな勢いです。

DVDの「稼ぎ頭」は?

岸和田の経済の中心地、駅前の商店街はどうなっているのか、歩いてきました。いきなり目に飛び込んできたのは…昔ながらのレコード屋さん(ミュージックショップヤング)です。お客さんに話しかけてみます。

(山中アナ)「こんにちは。何を見ているんですか?」
(男性客)「事故の博物館です。だんじりのその年の事故映像を集めたものを買いたいんです」
(山中アナ)「だんじりハプニング集があるんですか?」
(男性客)「現場検証という名前で毎年出ている」
(山中アナ)「買うんですか?」
(男性客)「買うっすね。いま悩んでいます」
(山中アナ)「だんじりDVD買ったことあります?」
(男性客)「あります」
(山中アナ)「家に何枚?」
(男性客)「40枚くらいあります」

すると…急にお兄さんが話しかけてきました。

(男性)「僕ここの売ってるDVD作ってますよ」
(山中アナ)「お兄さんは誰ですか?」
(男性)「僕ねここのDVDを作っている業者です」
(山中アナ)「『祭り伝説(平成29年)』(3560円・税込み)。これは失礼ですが何枚売れる?」
(男性)「えーと、うん千枚(売れる)」
(山中アナ)「何千枚も売れるんですか!?誰が買うんですか?」
(男性)「祭りをやっている人らは見たい。自分の祭りがどうだったか」

1/3ページ

最終更新:4/16(月) 15:02
MBSニュース