ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「県の方が信頼できる」立民・辻元氏、松山で国政報告

4/16(月) 9:04配信

愛媛新聞ONLINE

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は15日、松山市湊町5丁目の伊予鉄道松山市駅前で国政報告会を行った。学校法人加計学園(岡山市)による今治市での獣医学部新設を巡り県職員が作成し「首相案件」と記した文書に関し「安倍晋三首相が権力、地位、立場を利用して政治を私物化し、友人(加計学園理事長)に便宜を図ったのではないかという問題が起こっている」と訴えた。

 柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が2015年4月の県職員らとの面会や首相案件の発言を否定している点については「記録を残している県の方が信頼できる。白黒をつけるためにも、柳瀬氏の証人喚問を実現したい」と述べた。
 森友学園を巡る財務省の決裁文書改ざんにも触れ「官僚が勝手にやっているのではなく、安倍首相を守るために事実と違うことを言ったり文書を書き換えたりしている」と指摘した。

愛媛新聞社

最終更新:4/16(月) 9:04
愛媛新聞ONLINE