ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「市民感覚忘れず仕事」/弘前・桜田市長が初登庁

4/16(月) 14:51配信

Web東奥

 8日の青森県弘前市長選で初当選した桜田宏市長(58)が16日午前、弘前市役所に初登庁した。多くの職員や市民から拍手で出迎えを受け「桜田市政」をスタート、「市民目線、市民感覚を忘れず仕事をしたい」と抱負を語った。

 桜田市長は午前9時すぎ、公用車で市役所本庁舎に到着。正面玄関で職員から花束を贈られた後、階段を上り市長室へ向かった。

 一礼して市長室に入り、市長の椅子に座ると「身の引き締まる思い。市民の期待に応えるためにも、しっかりと仕事をしたい」と緊張した表情で語った。

 続いて大会議室で行われた幹部職員への就任あいさつでは、約120人を前に「職員と思いを一つに、これからの弘前をつくっていく。市役所は市民の役に立つ所ということをもう一度胸に刻み、明るく活気がある職場にしてほしい」と訓示した。

東奥日報社

最終更新:4/16(月) 14:52
Web東奥