ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

安倍首相が「大阪都構想」に否定的考え 松井代表は「影響ない」

4/16(月) 19:57配信

関西テレビ

関西テレビ

先週、安倍総理大臣が大阪を訪れ「大阪都構想」に対して初めて否定的な考えを示しました。
これが都構想の議論にどのように影響するのでしょうか。

【安倍晋三首相(13日)】
「あったかくてカリカリで本当においしいね!」
天神橋筋商店街でコロッケをほおばり・・・

【安倍首相を出迎えた子どもたち】
「ぼくたちと一緒に花園でラグビーを見てください」
花園ラグビー場では、子どもたちの歓迎を受けた安倍総理大臣。

しかし今回大阪を訪れた目的は。

【自民党大阪府連 党員大会(14日)】
「安倍総裁を筆頭に都構想を阻止する!頑張ろう!」

自民党大阪府連の党大会に出席し、維新の会が目指す「大阪都構想」について初めて否定的な考えを明らかにしたのです。

【安倍晋三首相】
「(都構想に)賛成するか反対するか、住民投票をするかどうか、それを決めるのは大阪府連の皆さんが決めていく。そしてその決めたことはまさに、自民党の総裁たる私の、安倍晋三の考え方でもあるわけです」

【日本維新の会・松井一郎代表】
「自民党総裁なんやから、大阪の自民党に配慮するのは仕方がないでしょ」

安倍総理に「配慮」した形の松井代表。
毎年会食をするなど関係が近いとされている2人ですが、都構想に反対する大阪の自民党議員からは不満の声があがっています。

ことし9月に自民党総裁選挙を控えた安倍総理は大阪府連に寄り添った発言をすることで、地方票を固めたいところです。

【松井一郎代表】
「都構想という制度そのものについては理解しているけれども、政治状況で様々な配慮が必要だと、そういうことだと思います」
Q政治状況の変化というのは?
「今は厳しい状況にあるんじゃないのということですよ。それはメディアの皆さんが一番ご存じでしょ」

松井代表は「都構想の議論に影響はない」との認識を示しましたが、自民党が公明党に働きかけを強める「きっかけ」となり、維新にとってはさらなる逆風になりそうです。

関西テレビ

最終更新:4/16(月) 19:57
関西テレビ