ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

データセンターSDN市場は前年比40%以上の成長--IDC

4/16(月) 10:41配信

ZDNet Japan

 IDC Japanは4月10日、SDN(Software-Defined Network)とNFV(Network Functions Virtualization)に関する国内市場予測を発表した。国内SDN市場は成長が軌道に乗り始めて市場形成が進み、2017年には521億円にまで市場規模が拡大したことが明らかになった。

 適用領域別にみると、SDN市場を常にリードしてきたデータセンターSDN市場は、市場が立ち上がって5年以上が経過しているが成長に衰えは見られず、2017年も40%以上の前年比成長率で市場規模は308億円に達した。「データセンターネットワークの自動化」と「マイクロセグメンテーションの適用」という2つのベストプラクティスを成長の両輪として、今後も成長を続けるとIDCでは見ている。国内データセンターSDN市場の2017年~2022年の年間平均成長率は24.0%になると予測している。

 一方で、通信事業者が導入するキャリアSDN市場とキャリアNFV市場は、これから本格的な成長が期待される市場だ。キャリアSDNの本命は、「NFV環境の基盤としての導入」「5Gネットワークにおけるネットワークスライシング」「通信事業者のオペレーションの自動化」になるとIDCは予想。同市場は今後本格的に立ち上がるとみられており、2017年~2022年の年間平均成長率は32.7%と高い成長が見込まれている。

 キャリアNFV市場は、2017年は低調だったものの、今後の成長については楽観視されている。5Gサービスに向けた移動体通信事業者の設備投資の再活性化に加えて、新たなMNOの誕生も好材料の1つになるとIDCでは見ている。新規参入するMNOのサービス基盤整備は、キャリアNFVとSDNのショーケースになることが期待されているという。

 企業ネットワークSDN市場は、企業や官公庁、地方自治体に共通するセキュリティ対策の強化というマクロトレンドの後押しを受けて、2017年は大きな成長を遂げている。2017年の前年比成長率は、2016年の前年比成長率59.3%を大きく上回る96.5%で市場拡大を実現した。セキュリティ対策という企業ネットワークSDNのベストプラクティスが、企業ネットワーク関連ベンダーだけでなく、ユーザー企業やシステムインテグレーターにも認知されるようになりつつあるとIDCは指摘。こうした現状が将来の成長に力強さを与えることで、2017年~2022年の年間平均成長率は31.3%と継続的な成長を予測している。

 今回の発表はIDCが発行した「国内SDN、NFV市場予測、2018年~2022年」にその詳細が報告されている。レポートでは、国内のデータセンターSDNと企業ネットワークSDNに関する分析と市場予測に加え、通信事業者向け市場におけるSDNとNFVに関する市場予測も行っている。

最終更新:4/16(月) 10:41
ZDNet Japan