ここから本文です

ホアキン・フェニックス主演のカンヌW受賞作「ビューティフル・デイ」予告編公開

4/17(火) 17:02配信

CDジャーナル

 リン・ラムジー監督、ホアキン・フェニックス主演の映画「ビューティフル・デイ」が6月1日(金)より新宿バルト9ほか全国で公開されます。封切に先駆け、予告編が公開されています。

 1999年に『ボクと空と麦畑』で鮮烈なデビューを飾り、恋人の死に接した若き女性の彷徨を描いた青春映画『モーヴァン』、美しき母子の歪んだ関係性に迫った心理サスペンス『少年は残酷な弓を射る』でセンセーションを巻き起こしてきた監督のリン・ラムジーと、アカデミー賞に3度ノミネートされた確かな演技力の持ち主であり、ポール・トーマス・アンダーソン、スパイク・ジョーンズ、ウディ・アレンらとのタッグで類い希な個性を発揮してきたホアキン・フェニックス。「ビューティフル・デイ」は、この米英の傑出した才能のコラボレーションが実現した映画です。音楽はジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)が担当しています。

最終更新:4/17(火) 17:02
CDジャーナル