ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

神戸ビーフに夕張メロンも…中国ではびこる偽日本ブランド 担当者嘆き「写真見ただけでは本物か分からない」

4/17(火) 16:56配信

夕刊フジ

 日本ブランドが脅かされている。農林水産省が地域に定着した高品質な農産物などを守るために設けた「地理的表示(GI)保護制度」の登録品の偽物とみられる商品が海外のサイトなどで流通しているのだ。中国で出回っているケースが多く、農水省は懸念を抱いている。

 「正直、写真を見ただけでは実際に本物なのかどうか分からない…」

 北海道の「夕張メロン」を名乗る商品が中国の通販サイトで販売されているのが確認されたことについて夕張農協の担当者はこう嘆く。

 「タイを経由して香港に不正品が入ってきたときにはGI保護制度で止めることができたので、日本政府に頑張ってもらうしかない」と話す。

 2015年度に始まった農水省の「GI保護制度」は、地域で長年育まれた特別な生産方法と結びついた高い品質・評価といった特性を有している農林水産物、食品などを守るための仕組みで、今年3月20日現在で59品目が登録されている。

 農水省によると、「夕張メロン」に加え、「松阪牛」(三重県)、「市田柿」(長野県)、「神戸ビーフ」(兵庫県)、「大分かぼす」などGI保護制度に登録されている17産地の品目について、中国など海外で偽物が流通している疑いがあるという。中には箱に「GI」の表示があり、正規品との区別ができない悪質なものもあった。

 農水省食料産業局知的財産課の担当者は「良い品質のものを作っているのに海外では類似品の方で認識されてしまう恐れがある」とし、中国などのサイトに削除を要請していると説明した。

 生産や供給に携わる地元の関係者は憤りを隠せない。

 「中国での(不正品の)流通対策が以前からの課題だったので、GI保護制度に登録した。低い品質のものが出回ることでブランド力の低下が懸念される」(松阪市農林水産課)

 大分かぼすの農園を営む男性(57)は「大分では、かぼすの専業農家が減って生産だけでは食べていけない中で、安く出回るということにもなれば生産者として困る」と明かす。

 中国で圧倒的に“日本ブランド”の流通が多い理由は何なのか。中国事情に詳しいライターの奥窪優木氏は「中国の消費者は金額が高くてもおいしく信頼できるものを食べたいという意識がある」と解説する。

 「食べたい」からといって不正は許されない。

 ■海外サイトでみつかったGIの不正使用が疑われる農産物など 

 地名 GI産品例 検出数 

 江戸(茨城) 江戸崎かぼちゃ 337 

 大分 大分かぼす 67 

 神戸(兵庫) 神戸ビーフ 63 

 松阪(三重) 特産松阪牛 51 

 紀州(和歌山) 紀州金山寺味噌 34 

 但馬(兵庫) 但馬牛 29 

 青森 あおもりカシス 13 

 八女(福岡) 八女伝統本玉露 13 

 鹿児島 鹿児島黒牛 11 

 西尾(愛知) 西尾の抹茶 10 

 夕張(北海道) 夕張メロン 9 

 万願寺(京都) 万願寺甘とう 8 

 十勝(北海道) 十勝川西長いも 5 

 下関(山口) 下関ふく 4 

 蜂屋(岐阜) 堂上蜂屋柿 4 

 八丁(愛知) 八丁味噌 3 

 市田(長野) 市田柿 1

 ※農水省の調査から

最終更新:4/17(火) 16:56
夕刊フジ