ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

歴史と春の花楽しんで 5月3日に福島町「殿様街道ウォーク」

4/17(火) 17:05配信

函館新聞電子版

 【福島】大千軒岳を望む約7キロの歴史街道を散策するウオーキングイベント「第26回『殿様街道』探訪ウォークin春~伊能忠敬の道その六~」が5月3日に開かれる。毎回キャンセル待ちが出る人気イベントで、例年春と秋に開催。主催の町千軒地域活性化実行委員会は「新緑と春の花々が咲く歴史の道散策を楽しんで」と参加を呼び掛けている。

 殿様街道は松前から函館に至る旧街道の一部で、千軒地区の山中に2本のルートが現存。箱館戦争では土方歳三らが松前城を目指した激戦の地でもある。

 今回のイベントでは、伊能らの足跡をたどり、箱館戦争の砲台跡や松前線の廃線跡などの史跡を見学した後、町活性化センター「あづまーる」で千軒十割そばを味わい、福島町松前神楽保存会が奏上する松前神楽(国指定重要無形民俗文化財)を鑑賞する。

 町史研究会の中塚徹朗会長が史跡を案内。また渡島総合振興局西部森林室の神馬昭男室長がブナの巨木そびえる「ブナの森100年観察林」を案内し、町在住の自然観察の名人笹島義廣さんが山野草について解説する。

 要予約(高校生以上)、4月27日まで先着50人。集合は午前8時40分、解散時間は午後2時を予定している。参加費は3000円(保険料、昼食代など含む)。

 問い合わせ、申し込みは、町産業課商工観光係(0139・47・3004)まで。

函館新聞電子版

最終更新:4/17(火) 17:05
函館新聞電子版