ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

SSFFに織田奈那主演「未来のあたし」、小袋成彬「Selfish」MVがノミネート

4/17(火) 0:28配信

音楽ナタリー

短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018」のノミネート作品が決定。「ジャパン部門」に織田奈那(欅坂46)主演作品「未来のあたし」、「ミュージックビデオ部門」に小袋成彬「Selfish」のMVが選ばれた。

【写真】小袋成彬(他7枚)

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」は俳優の別所哲也が代表を務める国際短編映画祭。「未来のあたし」は織田と櫻井淳子が主演を務めた作品で、1人のキャリアウーマンが過去にタイムスリップし、高校生時代の自分に出会う物語となっている。監督は過去に同映画祭でMicro(Def Tech)主演作「すけ坊」がノミネートされた経験のある、豊島圭介が担当した。

「Selfish」は4月25日にリリースされる小袋の1stアルバム「分離派の夏」の収録曲。映像はD.A.N.「Shadows」やBO NINGEN「Henkan」などのMVを手がけた映像作家・石田悠介がディレクションを担当した。“自動車の事故”をきっかけに、人間の心情の変化をスローモーションで表現した作品となっている。

ノミネート作品は東京都内や日本国外で開催される映画祭や、日本各地のナショナルツアーで披露される予定。上映スケジュールなどの詳細は映画祭のオフィシャルホームページで告知される。

最終更新:4/17(火) 0:28
音楽ナタリー