ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ジャンボ尾崎、小平を祝福「日本の若手も捨てたもんじゃない」

4/17(火) 7:00配信

サンケイスポーツ

 尾崎将司は16日、神奈川県内で国際スポーツ振興協会(ISPS)主催のプロアマ大会に出場。サンケイスポーツに「“智”おめでとう」と、米ツアーを初制覇した小平を祝福する直筆メッセージを寄せた。

 ジャンボと小平は、昨年結婚した元賞金女王の古閑美保(35)を通じた縁で数年前から親交があった。オフには練習を見ることもあり、サンドウエッジを譲り渡すなど目をかけてきた。

 小平の印象を「極端に前向き。ゴルフに対する熱い思いを持っている」とし、「松山(英樹)の頑張りに続くのは誰かと興味深かった。日本の若手も捨てたもんじゃない」。“松山に続け”とばかりにエールを送る。

 尾崎自身は、数年前から持病の腰痛に加えて背中痛にも悩まされていたことを告白した。今年2月には右背中の肉離れを発症。この日が今年初ラウンドで、「人生奈落の底に落ちたんじゃないかと辛い日もあったけど、ある程度できてうれしい」と笑った。

 自身の今季初戦は26日開幕の「中日クラウンズ」(愛知・名古屋GC和合C)。43歳下に刺激を受けた71歳が確かな手応えをつかみ、プロ49年目に挑む。