ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【ボクシング】体重超過で王座剥奪 比嘉の汚名と先行き

4/17(火) 11:02配信

東スポWeb

 何とも後味の悪い結末だった。WBC世界フライ級タイトルマッチ(15日、横浜アリーナ)で、比嘉大吾(22=白井・具志堅)は前日計量をパスできず、日本人世界王者としては史上初めて体重超過で王座を剥奪された。比嘉が勝っても王座は空位のままとなる条件で行われた王座戦では、同級2位クリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)に9回TKO負け。体調不良は誰の目にも明らかな状態で、プロ初黒星を喫した。いったいこれはどういうことなのか。ボクシング界のレジェンドを直撃した。

 14日の前日計量では1回目にリミットを900グラムオーバーした。この時点で2時間以内の再計量でクリアすればOKだったが、極限状態まで体重を絞り込んでいた比嘉はなすすべなくギブアップ。前代未聞の計量失敗で王座を剥奪され、日本ボクシング史上に残る汚点を残した。

 55・3キロに設定された午前8時からの当日計量を54・7キロでパスし、王座戦には予定通り出場することになった。比嘉が勝つか引き分けでは王座は空位のまま。ロサレスが勝った場合のみに王座が移動するという条件の上に、日本ボクシングコミッション(JBC)は比嘉に半年から1年の出場停止処分を科すことが見込まれている。こうした状況で、モチベーションが上がらないのは無理もなかった。

 試合でも持ち味の爆発力が影を潜め、ロサレスの左ジャブとアッパーの餌食に。9回に具志堅会長の判断で試合が止められたが、比嘉が絶不調だったことは誰の目にも明らかだった。日本新記録がかかっていた連続KO勝利は「15」でストップし、プロ16戦目で悪夢の初黒星…。ファンの期待やテレビ中継、スポンサーなど試合を中止できない理由は多々あったとはいえ、踏んだり蹴ったりとはまさにこのことだ。

 日本ボクシング界を背負っていく次代のエース候補は、いったいどうしたのか。「甘い。考えられないよ。世界チャンピオンが(計量失敗を)やるなんてあり得ない」と一刀両断にするのは、元世界フライ&バンタム級王者で日本プロボクシング協会終身名誉会長のファイティング原田氏(75)だ。「(減量が)苦しいときこそ頑張れるものだ。自分に勝たないと試合に勝てないよ。厳しいとは言っても、まずは自分に厳しくならなきゃ」と比嘉を厳しく叱咤した。

 原田氏は具志堅会長の指導スタイルにも言及。具志堅会長は故郷・沖縄の後輩でもある比嘉と強固な師弟関係を築いてきた。計量失敗で王座剥奪となった際にも「選手を信頼していた」と話していた。この点について原田氏は「具志堅は(減量を)トレーナーに任せていたんだろう。忙しいのはわかるが、(比嘉に)厳しいことをもっと言っていい。もっと自分で見ていくべきだ」と指摘する。

 選手を信頼するのは大事だが、現在のように階級が細分化されていなかった原田氏や具志堅会長の時代とは厳しさの度合いが違う。その上で、具志堅会長が何事ももっと前面に出ていくべきだったというのだ。

 実際、具志堅会長によれば、比嘉が宿泊先のホテルから会場に向かっている間は「(試合を)中止にするつもりだった」が、会場に着いた比嘉が「やりたいというので」リングに上げたのだという。試合後、ダメージが大きくコメントできない状況という比嘉に代わって同会長は「すべて私の責任。甘かった」と改めて謝罪した。

 多くのものを失った比嘉だが、まだ22歳。出直しのチャンスはあるだけに、師弟ともに“変革”の必要がありそうだ。

最終更新:4/17(火) 11:59
東スポWeb