ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

県のリニア冊子、市民団体が住民監査請求

4/17(火) 18:50配信

UTYテレビ山梨

こちらの冊子をご覧ください。
これは山梨県が県内の児童や生徒に配布したリニアの未来像を分かりやすくまとめたものですが、この一冊が波紋を広げています。
冊子にはリニアのメリットばかりが強調され、騒音など生活面への影響が示されていないとして、市民グループが公金の不適切な支出を是正するよう求める住民監査請求を行いました。
「リニアで変わるやまなしの姿」は県が1200万円をかけて作成し、およそ11万部が県内の小中学生と高校生に配付されました。
冊子はマンガ仕立てで、リニアの経済効果や開通後の未来像を紹介しています。
しかしメリットばかりを強調して騒音や日照時間、財政負担など生活への影響が示されていないと市民団体が指摘し、17日に県に不適切な支出の是正を求める住民監査請求を行いました。
請求では冊子の製作費の返還と、配付した分を回収して騒音や環境への影響なども盛り込んだ冊子を新たに作成することを求めています。
「一方的な内容を子供たちに教えること自体に教育的な問題があり、是正してほしい」(リニア・市民ネット山梨川村晃生代表)。
発行した県の担当課は「詳細な請求内容を把握していないが、監査委員の指示に従い適切に対応したい」とコメントしています。




[UTYテレビ山梨]

UTYテレビ山梨

最終更新:4/17(火) 18:50
UTYテレビ山梨