ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ペップのPL初戴冠を元教え子シャビが絶賛「忍耐強く待てば彼は必ず成功を...」

4/17(火) 12:00配信

GOAL

マンチェスター・シティでプレミアリーグ優勝を飾った恩師のジョゼップ・グアルディオラ監督をシャビ・エルナンデスが称賛した。

バルセロナやバイエルン・ミュンヘンに数々のタイトルをもたらしたグアルディオラ監督は、2016年夏にマンチェスター・シティの監督に就任。就任1年目は無冠で終えるも、今季はイングランドトップリーグの最速タイ記録でリーグ優勝を決めた。

スペイン人指揮官のプレミア初戴冠を受け、元教え子のシャビは『デイリー・メール』で「熾烈な優勝争いのあるイングランドでの優勝は、彼にとって非常に大きな成果だ」と賛辞を送っている。

「1年前、彼が多くの非難にさらされていた時に受けたインタビューで、私は“彼には時間だけが必要だ。クラブが辛抱強く待てば、彼は必ず成功をもたらすだろう”と話したと思う。監督は常に批判される立場で、彼みたいに世界最高の監督の1人として考えられている場合、大きなプレッシャーを受けている。しかし、彼は最高の形でシティを優勝に導いた」

また、バルセロナを率いていた時のような攻撃的なフットボールをイングランドでも貫いたことにもコメント。「もちろん、ほかの戦い方にも敬意を払っているが、このスタイルが一番楽しみながらプレーできるし、見ていても一番楽しいフットボールだと思う」と、シャビは元恩師率いるマンチェスター・シティが成し遂げた功績をたたえている。

最後に、将来的なグアルディオラ監督との共闘について問われ「いつの日か彼と一緒に仕事ができれば、それはフットボール界のマスターズのようなものだ」とコメントを残した。

GOAL

最終更新:4/17(火) 12:00
GOAL