ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

パニック!アット・ザ・ディスコ、新作『プレイ・フォー・ザ・ウィケッド』を6月に発表

4/17(火) 17:02配信

CDジャーナル

 2016年1月に発表した前作『ある独身男の死』で初の全米チャート1位を獲得した、ブレンドン・ユーリ率いるロック・バンド、パニック!アット・ザ・ディスコが6月22日(金)にニュー・アルバム『プレイ・フォー・ザ・ウィケッド』(WPCR-18043 1,980円 + 税)をリリース。収録曲「(ファック・ア)シルヴァー・ライニング」のオーディオ・ビデオと、「セイ・アーメン(サタデー・ナイト)」のミュージック・ビデオが公開されています。

 「セイ・アーメン(サタデー・ナイト)」のミュージック・ビデオは、前作収録曲「裸の王様」やパラモア「ナウ」などを手がけ、ダンサーとしても知られるダニエル・クラウド・カンポスと、ラナ・デル・レイの「サマータイム・サッドネス」を手がけたスペンサー・サッサーが製作。テレビのニュース番組から始まるストーリー仕立てとなっています。

 プロデュースは、これまでのパニック!アット・ザ・ディスコの作品にも携わってきたジェイク・シンクレアが務めています。

最終更新:4/17(火) 17:02
CDジャーナル