ここから本文です

オークス1~3着馬に仏・ヴェルメイユ賞優先出走権 2013年にはトレヴが次走・凱旋門賞と連勝

4/17(火) 17:20配信

netkeiba.com

 今年から優駿牝馬(オークス)の1~3着馬に、フランスのパリ・ロンシャン競馬場で行われるヴェルメイユ賞(G1・芝2400m)の優先出走権が与えられることになった。今年のオークスは5月20日、東京競馬場で行われる。

 昨年、同国のジャックルマロワ賞(G1・芝1600m)の優先出走権付与対象競走にヴィクトリアマイルと安田記念が指定されたことと併せ、デスティナシオンフランス(Destination France)という名称で仏G1と提携する。

 オークス1~3着馬には、ヴェルメイユ賞の優先出走権のほかに「登録料(合計4560ユーロ)の免除」「20000ユーロの輸送費補助の提供」も特典として与えられる。いずれも当該年のヴェルメイユ賞におけるもの。

 今年のヴェルメイユ賞は9月16日にパリ・ロンシャン競馬場の3歳以上牝馬・芝2400mで行われる。負担重量は3歳馬が55.0kg、4歳以上馬が58.5kg。賞金総額は600000ユーロ(=約7950万円)、1着賞金は342840ユーロ(=約4550万円)。

 世界最高峰のレースである凱旋門賞(G1・芝2400m)の前哨戦としての役割もある競走で、近年ではトレヴが2013年にヴェルメイユ賞と凱旋門賞を連勝、2014年にヴェルメイユ賞4着から凱旋門賞を優勝した。

最終更新:4/17(火) 17:30
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ