ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

二人三脚で支える小平の愛妻・古閑「彼の思いをたくさん載せて」/米男子

4/17(火) 7:00配信

サンケイスポーツ

 RBCヘリテージ最終日(15日、米サウスカロライナ州ヒルトンヘッドアイランド、ハーバータウンGL=7099ヤード、パー71)首位に6打差の12位から出た小平智(さとし、28)=Admiral=が7バーディー、2ボギーの66と伸ばし、通算12アンダーで並んだ金シウ(22)=韓国=とのプレーオフも制して米ツアー初優勝を果たした。

 昨年3月に結婚した妻で女子プロゴルファーの古閑美保(35)は、東京都内の自宅でテレビ観戦して夫の偉業を見届けた。サンケイスポーツの取材に「すごいことですよね。現地にいる人と連絡を取り合いながら(の応援)でした」と明かした。

 前週の「マスターズ」を現地で応援した後に帰国。前日15日まで故郷・熊本で行われた女子ゴルフ「KKT杯バンテリンレディス」のテレビ解説を務め、その日のうちに帰京。2008年の日本女子ツアー賞金女王は「私のことで紙面を無駄にせず、彼の言葉や思いをたくさん載せてください」と“お願い”した。

 古閑は同日、インスタグラムでも夫の写真を掲載して「おめでとうございます」と祝福した。