ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

初表彰台獲得のアレックス・リンス「スズキには勝てるバイクがある」と自信見せる。2018年以降の契約延長も?

4/17(火) 17:38配信

motorsport.com 日本版

 前戦アルゼンチンGPで表彰台を獲得したスズキのアレックス・リンスは、スズキには勝てるバイクがあると自信を持っている。

【写真】アルゼンチンGPで3位を獲得したリンス

 アルゼンチンGPでは、リンスはカル・クラッチロー(LCRホンダ)、ヨハン・ザルコ(テック3・ヤマハ)、ジャック・ミラー(プラマック)らと表彰台を争い、最高峰クラスでのベストリザルトとなる3位を獲得した。

 長いことトップを走っていたミラーを追い抜いたリンスは、一時レースをリードしていた。しかしその次の周に走行ラインから膨らんでしまったため、最終的には優勝を飾ったクラッチローと2.5秒の差でレースを終えた。

 レースを終えたリンスは、スズキのバイク『GSX-RR』は2016年以来の優勝を狙えるバイクであると自信を見せた。スズキは、2016年のイギリスGPでマーベリック・ビニャーレス(現ヤマハ)が優勝したのを最後に、レースで勝てていない。

「最高のライダーと共に走って、たくさんのことを学んだ」とリンスは話した。

「最終ラップでは、自分に優勝のチャンスがあり、彼ら(クラッチローとザルコ)と争えると考えていた」

「ターン7ではフロントタイヤが終わってしまって、バイクから落ちそうになって怖かった。そこで僕は優勝のチャンスを犠牲にしてしまった。でも今後は段階を追っていけば、優勝することも可能になるだろう」

「僕たちには優勝を経験したバイクがあるし、満足している。他のチームのバイクと比較しても、僕たちは昨年から大いにバイクを改善している」

 昨年最高峰クラスにデビューしたリンスだが、第3戦アメリカGPのフリー走行で転倒し左手首を骨折してしまった。その怪我を乗り越えたリンスは力強いパフォーマンスを発揮しており、チームも2018年末までとなっている現在の契約を延長したがっている。

 彼の将来について尋ねると、22歳のリンスは、すぐにでも新しい契約の交渉を始めたいと考えており、どこか他のチームへ移籍することは想像できないと語った。

「僕たちがまるで家族のようであるというのは重要なことだ。だから僕は契約を続けたい」

「スズキ以外の他の選択肢は考えていない」

 一方でチームメイトのアンドレア・イアンノーネは今年限りでチームを離脱する可能性がある。またイアンノーネの公認候補として、ドゥカティのホルヘ・ロレンソの名前が挙がっている。

Jamie Klein