ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【フィリピン】韓国系半導体SFA、17年は増収減益

4/17(火) 11:30配信

NNA

 半導体後工程を手掛ける韓国系SFAセミコン・フィリピン(SSPC)が発表した2017年決算は、売上高が前年比21%増の2億777万米ドル(約223億3,000万円)、純利益が71%減の183万米ドルだった。半導体の世界市場が前年比22%増と過去最高を記録する中、販売は伸びたが、価格下落とコスト上昇で大幅な減益となった。
 生産量は11%増の6億5,500万枚。内訳は半導体メモリーのDDR4が4億2,700万枚、DDR3が1億2,100万枚、メモリーチップが6,900万枚、フラッシュメモリーカードが2,300万枚、スマートフォンなどに使われる容量128~256ギガバイト(GB)の組み込み用マルチメディアカード(eMMC)が1,500万枚だった。SSPCは昨年、生産をDDR3中心からDDR4やeMMCへシフトした。
 総輸出額は、前年の16億1,000万米ドルから90%増の30億6,000万米ドルに拡大。パンパンガ州のクラーク自由港特別経済区(CFSEZ)の入居企業では最大だった。17年末時点の総資産は、工場の第2期拡張により前年比11%増の1億8,418万米ドルとなった。
 SSPCのゴ・ビュンギル社長は、昨年は半導体最終製品市場の予想外の回復により、OSAT(半導体後工程の受託請負)業界では原材料費が上昇したほか、競争激化で価格が低下したと指摘。製造工程の改善や原材料の調達先変更などでコスト削減を進めているという。

最終更新:4/17(火) 11:30
NNA