ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【全国学力テスト】H30年度結果は7月下旬公表、5月に英語予備調査

4/17(火) 17:55配信

リセマム

 平成30年度(2018年度)の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が平成30年4月17日、小学6年生と中学3年生を対象に全国一斉に行われた。国語と算数・数学に理科も加わり、中学校では5月に英語の予備調査も抽出実施される。調査結果は、7月下旬に公表予定。

画像 実施スケジュール(予定)

 文部科学省によると、参加校数は4月10日時点で、国公私立学校2万9,709校。このうち、小学校は1万9,629校、中学校は1万80校。全国すべての小学6年生と中学3年生を対象とする悉皆調査として実施された。

 教科に関する調査では、国語、算数・数学のほか、3年ごとに実施している理科も出題。文部科学省が調査対象として抽出した中学校では5月、平成31年度からの英語調査導入に向けて、英語予備調査も行われる。

 文部科学省の林芳正大臣は、4月17日の定例記者会見において、今回実施した全国学力テストの結果を2学期からの指導改善などに一層活用できるよう、結果公表を例年より1か月ほど前倒しする方針をあらためて示した。調査結果は、7月下旬に提供する予定だという。

 全国学力テストの調査問題や正答例、解説資料については例年、国立教育政策研究所が調査実施後、Webサイトに掲載している。平成19年度(2007年度)から平成29年度(2017年度)の全国学力テストについても、報告書・調査結果資料、授業アイデア例、説明会資料などを公開している。

《リセマム 奥山直美》

最終更新:4/17(火) 17:55
リセマム