ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「コト」をお披露目 東武動物公園にマレーバク赤ちゃん 埼玉

4/17(火) 7:55配信

産経新聞

 東武動物公園(宮代町)はラクダ舎横の展示場で、人工保育で飼育しているマレーバクの赤ちゃんの公開を始めた。

 赤ちゃんは3月17日に生まれた雌で、名前は星座のこと座にちなんで「コト」と命名。ミルクを飲んで順調に成長し、12日現在で体長は約88センチ、体重も生まれたときの約2倍の14・6キロになった。

 公開時間は、平日が午前11時、土曜は午後0時半、日曜・祝日は午前11時半から、いずれも午後3時まで。雨天中止で、コトの体調によって時間の変更や中止の場合もある。また、27日の「世界バクの日」イベントとして28日午後2時から約30分、飼育係が同園で飼育する5頭のマレーバクを紹介する。

最終更新:4/17(火) 7:55
産経新聞