ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

村田、5月米国で敵情視察計画 初防衛から一夜明け…視線はゴロフキン/BOX

4/17(火) 7:00配信

サンケイスポーツ

 プロボクシングのWBA世界ミドル級王者の村田諒太(32)=帝拳=が、同階級の日本選手初防衛から一夜明けた16日、東京都内の所属ジムで記者会見を開いた。5月5日に米国で行われる同級の世界主要3団体統一王者で、村田が将来的な対戦を希望するゲンナジー・ゴロフキン(36)=カザフスタン=の米国での次期防衛戦を視察するプランが浮上。リングサイドに乗り込み、今冬に計画される東京ドーム決戦の実現を猛アピールする。

 KO劇の余韻が右腕に残る。日本選手初となるミドル級王座防衛の快挙とともに、村田は新たな自信を感じ取った。

 「自分で映像を見て、『オレ、こんな角度でパンチを打てたんだ』と思った。今までと違うKO。バリエーションが増えたのは大きい」

 2012年ロンドン五輪金メダルの村田は、フック気味の右ストレート一撃で、同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(38)=イタリア=を仕留めた。右ストレートと左ボディー主体だった昨年の世界戦2試合では見られなかった新たな武器が誕生した。その衝撃から、これまでになかった右上腕二頭筋付近の痛みも、どこか心地良い。

 9月に本場のラスベガスで計画されるV2戦をクリアすれば、今冬にも世界主要3団体の王座を持つゴロフキンとの東京ドーム決戦が計画される。

 悲願のビッグマッチ実現のため、米国に乗り込むプランが浮上した。サウル・アルバレス(27)=メキシコ=の薬物違反により再戦は中止になったが、ゴロフキンは予定通りに5月5日にタイトルマッチを行う。「チャンスがあれば(視察に)行きたい」。V1戦は米国でも生中継されたが、村田がリングサイドで存在感を示せば、猛アピールになるのは間違いない。

 「ゴロフキンとは一緒にキャンプをしたこともあるし、強さの象徴。理想の目標だと思う」。夢舞台に立つため、リング外でもなりふり構わず行動する。