ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ローマ会長、注目集まる25歳の守護神アリソンへのオファーをけん制「可能性はゼロ」

4/17(火) 13:33配信

GOAL

ローマのジェームズ・パロッタ会長が、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、ブラジル代表GKアリソンの残留を強調した。

25歳のアリソンは、2016年夏にブラジルのインテルナシオナルからローマに加入。ポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーの控えを1年間務めたのち、今シーズンからローマの正GKに昇格した。チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でバルセロナを破り、ベスト4に勝ち上がったローマの守護神には、これまでナポリやリヴァプール、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマンが獲得に関心を示していると報じられた。パロッタ会長は改めて、アリソンが来シーズンもローマでプレーすることを告げた。

「なぜこの話を何度も聞かれるのか理解できない。我々に彼を放出する意思は一切ない。彼が移籍する可能性はゼロだ。彼は偉大なGKだ」

また『プレミアムスポーツ』のインタビューでは、FWエディン・ジェコに言及。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWは冬の移籍市場において、チェルシー移籍が目前に迫りながらもローマ残留が確定した。

「所属選手に届いたオファーに対し、耳を傾けることは重要だ。だが満足できるオファーではなかったため、彼を放出するわけにはいかなかった」

CL準決勝ではリヴァプールとの対戦が予定されており、昨シーズンまでローマでプレーしていたエジプト代表FWモハメド・サラーと再会する。プレミアリーグでは30得点とゴールを量産し、得点王争いで首位に立つサラーは、ローマにとって脅威となる。

「我々が良く知る最高の選手と対戦することになる。ローマでは素敵な思い出を残してくれたよ」

GOAL

最終更新:4/17(火) 13:33
GOAL