ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ガンダム見参!「レディ・プレイヤー1」新たな本編映像公開

4/17(火) 17:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] VR(バーチャル・リアリティ)を題材にしたスティーブン・スピルバーグ監督作「レディ・プレイヤー1」の新たな本編映像が、公開された。「機動戦士ガンダム」のRX-78-2 ガンダムが登場する見せ場のシーンとなる。

「レディ・プレイヤー1」本編映像はこちら!

 約56兆円をかけ、世界中の人々がアクセスするVRワールド「OASIS(オアシス)」で繰り広げられるトレジャーハンティングを描く本作。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「アイアン・ジャイアント」「ジュラシック・パーク」などあらゆるゲームや映画、アニメのキャラクターが勢ぞろいし、日本からは、ガンダムのほか「AKIRA」の金田バイク、「ストリートファイター」のリュウや春麗、ハローキティといったキャラクターやメカが多数登場する。

 公開されたのは、森崎ウィン演じる主要キャラクター、トシロウのオアシス内でのアバター、ダイトウの変身シーン。トシロウの「俺はガンダムで行く」という勇ましいセリフに連動して、ダイトウがRX-78-2 ガンダムへと変化。戦乱の真っただ中へと飛び込んでいく。ダイトウのキャラクターは、日本が世界に誇る名優、三船敏郎さんにインスパイアされており、日本愛あふれるシーンとなる。

 スピルバーグ監督は、「僕はこの映画に登場する日本のPOPカルチャーが大好きだ。みんなが知っている『AKIRA』のオートバイやガンダムなどね。この映画には日本からやってきた素晴らしいアニメやマンガが詰まっている。そして僕はそれらをたたえたかったんだ」と語っている。いまだ明かされていないそのほかのキャラクターの登場シーンや、RX-78-2 ガンダムがどのような活躍を見せるのか、期待が高まるところだ。

 「レディ・プレイヤー1」は、4月20日から全国公開。

最終更新:4/17(火) 17:00
映画.com