ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

天下取り思い天王山弁当 京都・大山崎PRに

4/17(火) 11:50配信

京都新聞

 京都府大山崎町円明寺のスーパー「ラブリー円明寺」内の総菜店「そうざい ぎんすい」が、町のシンボル・天王山の形に着想を得た「四季彩 天王山弁当」を今月から販売している。好評で売り上げが伸びており、関係者は「徐々に認知度を上げて町のPRになれば」と話している。
 町が町商工会に委託している特産品開発事業の一環で、同店が制作した。
 弁当は、町内に事務所を置くデザイナー志比田康夫さん(59)=大阪府島本町山崎=のアイデア。九つに区切った正方形の下側3カ所と中央の1カ所の計4カ所におにぎり1個ずつ入れ、山に見立てた。天王山をイメージした包装や箸袋、法被やのぼりのデザインも志比田さんが考案した。
 試作を重ね、4月上旬から売り出したところ、かわいらしい見た目や季節に合わせた総菜が好評で、連日すぐ売り切れ、作り足しているという。内容は季節によって変わる。現在は、たけのこご飯や桜麩(ふ)など春らしい品が入っている。
 今後、同店舗のほか、町内で6月に開催される「大山崎天下取り決戦祭り」などのイベントで販売していく予定。同店の坂本悦子さん(72)=同町大山崎=は「心を込めて手作りしているので、多くの方に食べてもらいたい。天王山ハイキングのお供にも」と話している。予約や乙訓地域、島本町への配達も可能。650円(税抜き)。問い合わせは、そうざい ぎんすい075(956)1877。

最終更新:4/17(火) 11:50
京都新聞