ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

(360゜)都構想、首相発言のなぜ 迫る総裁選、大阪自民・維新と「三角関係」

4/17(火) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 大阪の自民党が、大阪維新の会との対立を深めている。火種となっているのが、維新がめざす「大阪都構想」の再挑戦。対立の矛先は、9月の総裁選で3選を狙う安倍晋三首相に向き始めた。奇妙な「三角関係」の背景は――。

 ■異例の地方参加
 13日夜、大阪市内の焼き肉店。首相は、自民党大阪府連の府議や大阪市議ら約30人に囲まれていた。
 首相の様子を府連側の同席者がスマートフォンで撮影していた。首相の隣に座った市議が声をかけた。
 「ぜひ、『都構想反対』と言っていただけたら」
 首相はやや笑みを浮かべて、「都構想反対」とだけ口にした。……本文:1,525文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社