ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

新会長に中沢氏、新副会長は野部氏 静岡県高野連

4/17(火) 8:26配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県高校野球連盟は16日、静岡市内で顧問総会を開き、真木万平会長(前静岡商校長)の退職に伴い、新会長に中沢秀紀静岡商校長を選出した。新たに副会長に野部道太浜松商校長が、理事長には富岳館の渡辺才也教諭が就任した。加盟校は昨年度と同じ112校。

 中沢会長は三島南、浜松東などを経て浜松商で校長を務め、4月から現職。「戦争などで開催中止があった歴史を振り返ると、高校野球は自由と平和の象徴。100年後に第200回大会が開催される世の中にすることが、野球を愛する者にとっての使命」とあいさつした。

 野部副会長は「監督、役員の先生方が元気に取り組み、学校の活性化に尽力していただければ」と期待。渡辺理事長は「今夏は第100回静岡大会がある節目の年。協力しながら静岡の野球の発展に尽くしたい」と意気込みを述べた。

静岡新聞社