ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

阪神・小野、ルーズヴェルト・ゲームはNO!乱打戦もドラマも起こさせない

4/17(火) 7:00配信

サンケイスポーツ

 17日の中日戦(豊橋)に先発する阪神・小野泰己投手(23)が16日、甲子園で投手指名練習に参加。好調の新助っ人、ソイロ・アルモンテ外野手(28)を警戒し「一発というのを考えて丁寧に攻めたい」と意気込んだ。両翼93メートル、中堅115メートルと地方球場の中でも特に狭い豊橋は人気ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」のロケ地。乱打戦にはせずピシャリと抑える。

 「8-7」の勝利なんて、たまったもんじゃない。抑えるところをキチッと抑えて“ドラマ”は起こさせない。小野は、絶好調の中日・アルモンテを警戒して挑む。

 「一発というのも気をつけて、丁寧に攻められたらいい。前回はボール先行になってしまったので、真っすぐだけでなく変化球でもカウントを取れるようにしたいです」

 ここまで2戦に投げ1勝0敗、防御率2・92。プロ2年目を順調に踏み出しつつあるが、ここで立ちはだかるのが絶好調助っ人だ。1勝2敗と負け越した6-8日の中日戦(京セラ)。アルモンテは3試合で打率・429、5打点と大暴れし、現在リーグ2位の打率・407。4本塁打、15打点と竜打線の得点源だ。ここを封じなくては勝機は見えないが、今回は球場も“難敵”だ。

 阪神が2002年以来16年ぶりに公式戦を戦う豊橋市民球場は、とにかく狭い。翌18日からのナゴヤドームが中堅122メートル、両翼100メートルなのに対し、豊橋は中堅115メートル、両翼93メートルだ。しかも“乱打戦の聖地”でもある。2014年に放映された人気ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」のロケ地に使用されていたのだ。逆転に次ぐ逆転で、劇中「野球で一番面白いスコア」と言われた8-7になったりすれば、小野にはたまらない。アルモンテを筆頭とした中軸を封じたいところだ。

 力強いキャッチボール、ショートダッシュを繰り返し、プロ初の地方マウンドへ備えた小野。「どの球場でも一発は警戒しているので。変わらずにできれば。力強い球を投げられるようにしていきたいです」と努めて冷静なのが頼もしい。クールに淡々と、ドラマを最終回へと進める。

スポーツナビ 野球情報