ここから本文です

JRA藤田菜七子が黒髪美人大賞「すてきな女性になりたい」

4/17(火) 14:41配信

東スポWeb

 JRAの藤田菜七子騎手(20=根本厩舎)が17日、東京・港区のANAインターコンチネンタルホテルで行われた「第3回 黒髪美人大賞 2018」(柳屋本店主催)に出席した。

 菜七子は「日本の美しい黒髪を持つ女性」に贈られる「柳屋あんず油 Presents 第3回黒髪美人大賞」を受賞した。

 プレゼンターには第1回受賞者で「あんず油」イメージキャラクターでもある女優・川島海荷(24)が登壇。川島が「受賞者は藤田菜七子さんです!」と呼び込むと、菜七子が赤いワンピースの“勝負服姿”で登壇し、川島からトロフィーを受け取った。

「このような素晴らしい賞をいただけて、うれしいです! 私なんかでいいのかな? という気持ちもありますが、この賞に似合うようなすてきな女性になりたいです!」と菜七子は笑顔を見せた。

 黒髪の魅力について聞かれると、川島は「日本人らしさというかそういうのが日本の女性にはある。清潔感があると思います」と話し、菜七子は「日本人らしいと思いますし、肌が白くキレイに見えるのかな、と思います」と話した。さらに菜七子は「競馬学校時代には男子は坊主、女子は短髪っていう決まりがありました。美容室でも『男の子みたいにしてください!』と言ってましたね」と明かし、川島を驚かせた。

 髪のケアについては「全部のレースが終わった後は、ダートの砂が飛んで来たりとか、結構、傷んでると思うので、これからあんず油でケアしたいですね」と菜七子は語った。

最終更新:4/17(火) 15:02
東スポWeb