ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

4月はイスコ月間...輝きを増すレアル・マドリーの司令塔

4/17(火) 7:05配信

GOAL

レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコが、レギュラー奪取に近づいている。スペイン『マルカ』が伝えた。

4月はイスコの月だ。イスコは15日のリーガエスパニョーラ第32節マラガ戦(2-1)で1得点1アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦ユヴェントス戦から調子を上げてきているイスコだが、ジネディーヌ・ジダン監督は同選手に対する信頼を深めている様子だ。

イスコは昨季も同様、この時期にレギュラーポジションを確保した。昨年4月15日のリーガ、スポルティング・ヒホン戦(3-2)で2得点と活躍すると、その直後に行われた4月23日のクラシコでMFガレス・ベイルが負傷。同年のCL準決勝第1戦・第2戦アトレティコ・マドリー戦、決勝ユヴェントス戦ではイスコがスタメンとしてピッチに立った。

イスコは今季リーガエスパニョーラで27試合6得点に出場している。だが一方、スペイン代表ではフレン・ロペテギ監督が就任後指揮を執った18試合のうち13試合でイスコを起用している。イスコはロペテギ政権で9得点を挙げ、スペインではイスコの処遇をめぐり議論が白熱している。

GOAL

最終更新:4/17(火) 22:52
GOAL

スポーツナビ サッカー情報