ここから本文です

【女子アジア杯】中国と準決勝のなでしこ高倉監督「日本らしい戦いする」

4/17(火) 16:45配信

東スポWeb

【ヨルダン・アンマン16日発】女子アジアカップで2連覇を狙うなでしこジャパンの高倉麻子監督(49)が、17日(日本時間18日未明)の中国との準決勝を前に記者会見に臨み「一発勝負で、中国も力を発揮してくる。自分たちのペースを崩されないように、試合をコントロールしながら進めたい」と語った。

 日本は1次リーグで韓国、オーストラリアとの激戦を引き分け、4強入りして来年のフランスW杯出場を決めた。指揮官は「両方ともぎりぎりのところを戦った。チームの経験値が上がって、成長している」と大会を通してたくましさが増したと実感する。中国には昨年12月の東アジアE―1選手権で1―0と勝利した。指揮官は決勝進出を見据え「日本らしい戦いをすることに集中したい」と話した。

 前日(15日)にはアンマン市内で調整し、現地在住の日本人と交流するなどリラックスした雰囲気で始まったが、紅白戦には集中した様子で取り組んだ。FW岩渕真奈(25=INAC神戸)は「先制することでチームを助けられる。1分でも早く、1点でも多く取れたらいい」と活躍を誓っていた。

最終更新:4/17(火) 16:45
東スポWeb