ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

全国学力テスト実施 静岡県内は6万3000人参加

4/17(火) 17:38配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 小学6年と中学3年を対象にした2018年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が17日、一斉に行われた。国語と算数・数学、理科の3教科で実施し、静岡県内公立は773校(小学校502校、中学校271校)の約6万3千人が参加した。

 国語と算数・数学は基礎知識を問うA問題と知識の活用をみるB問題で出題した。理科は1種類で3年に1度の実施。テストとともに生活習慣や学習習慣を聞く調査も行った。

 文部科学省は7月に都道府県や政令市別の平均正答率を公表する予定。分析結果を夏休み以降の指導に生かすため、従来より公表を約1カ月早める。本県は17年度、中3の国語A、Bと数学A、B、小6の国語Bと数学Bで全国平均を上回り、おおむね良好な結果を維持している。

 静岡市駿河区の市立大里中では3年生212人がテストを受けた。教員から説明を受けた後、国語Aの問題から取り組んだ。

静岡新聞社