ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

“水かけ姫”大韓航空専務に出国禁止要請…パワハラ騒動の本格捜査開始=韓国

4/17(火) 13:49配信

WoW!Korea

広告代理店職員を相手にした“水コップ・パワハラ”で物議を醸している大韓航空の趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)専務(34)が被疑者として警察の調査を受けることになった。警察は趙専務に対する出国停止を申請した。

 韓国・江西(カンソ)警察署は17日、趙専務を暴行容疑で立件し、内部調査を正式捜査に切り替えたと明らかにした。警察は大韓航空本社でおこなわれた会議出席者の陳述を聴取した結果、趙専務が出席者に向かって飲料を浴びせたことが確認されたためと説明した。

 また、警察は趙専務を相手に出国停止を申請したと明らかにした。趙専務が騒動後に休暇申請を出し、海外に向かった点を考慮した措置とされる。

 一方、趙専務は最近、大韓航空の広告担当会社との会議中に担当者が自身の質問に適時に返事ができずにいると、その担当者の方向に水の入ったコップを投げ、会議室から追い出したという。この状況が伝えられると、すぐに波紋が広がった。

最終更新:4/17(火) 14:01
WoW!Korea