ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

葵祭、今年の主役決定=京都〔地域〕

4/17(火) 10:49配信

時事通信

 「葵(あおい)祭」の主役「斎王代(さいおうだい)」に、会社員の坂下志保さん(23)=京都市左京区=が決まった。祭りは5月15日に行われ、十二単(ひとえ)姿で「腰輿(およよ)」というこしに乗って登場する。

 葵祭は京都三大祭りの一つで、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する下鴨、上賀茂両神社の例祭。約1400年の歴史があるという。斎王代には京都にゆかりのある民間の未婚女性が選ばれ、平安装束を着た500人以上の行列が、京都市の中心部を約8キロ練り歩く。

 第63代斎王代となる坂下さんは、今月「ダイキン工業」(大阪市)に入社。母親の美保さんも過去に斎王代を務めたという。坂下さんは「本当に光栄。十二単の重さを伝統の重さと感じながら、一生懸命務めたい」と笑顔で話した。 

最終更新:4/17(火) 11:43
時事通信