ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<長崎前市長銃撃11年>憤りと悲しみ忘れない 市民ら献花

4/17(火) 12:41配信

毎日新聞

 長崎市の伊藤一長・前市長(当時61歳)が暴力団幹部に銃撃され、死亡した事件から17日で11年となった。JR長崎駅近くの現場の歩道には献花台が設けられ、訪れた市職員や市民らが伊藤前市長の冥福を祈った。

 献花台に手を合わせた同市平間町の久保敬子さん(78)は「バイクですぐに、どこにでも出掛ける印象でやさしい方だった」としのんだ。田上富久市長は「命が突然、暴力的に奪われた事件に対する強い憤りと悲しみは決して忘れることはない」とコメントを発表した。

 事件は、伊藤前市長が4選を目指して出馬した市長選期間中の2007年4月17日夜に発生。遊説を終えた伊藤前市長が選挙事務所前に戻ったところ、背後から銃弾2発を撃たれ、翌18日未明に死亡した。【浅野孝仁】

最終更新:4/17(火) 12:44
毎日新聞