ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

KDDI、テーブル型も提供する法人向けの大型インタラクティブディスプレイ

4/17(火) 12:00配信

Impress Watch

 KDDIは、法人向けに、イベントや会議などで利用できる大型のタッチディスプレイのパッケージ「KDDI Interactive Display」の提供を開始した。KDDI本社の来客フロアにも導入されている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「KDDI Interactive Display」は、複数人が同時に操作できる大型のタッチディスプレイと、サーバー、アプリケーション、コンテンツなどを1つのパッケージで提供するサービス。最大32枚まで連結できる55インチのディスプレイ「Multitaction(マルチタクション)」を用意し、同時タッチポイント数は無制限になっているほか、専用の2次元コードを画面にかざすと対応するコンテンツをシームレスに表示できる。

 また、マルチタッチディスプレイは32~65インチをラインナップし、手軽な利用も可能。こちらは最大4枚まで連結できる。

 料金体系は購入パッケージと利用日数のみのレンタルパッケージが用意され、どちらもディスプレイやサーバー、アプリケーション開発費用が含まれる。あわせて利用動向の分析サービスも提供される。

 KDDI本社の来客フロアでも導入されており、KDDIのサービスに関連した模型を「Multitaction」の画面上に置くと詳細が表示されるなど、会社紹介の展示に利用されている。

■KDDI本社での展示の様子

 KDDI本社の来客フロアは、一般ユーザーにはあまり縁のない場所だが、KDDIのビジネスパートナーが多数訪れ、待ち合わせに使われる。現在ではKDDIの取り組みは通信サービス以外にも、IoT、データセンター、海底ケーブル、ライフスタイル系サービス、物販、VR、ドローン、スポーツへの協賛など、多岐にわたっており、こうした幅広い分野の製品・サービスをインタラクティブに紹介するために机型の2台の「Multitaction」ディスプレイが活用されている。

□「Multitaction」ディスプレイ

ケータイ Watch,太田 亮三

最終更新:4/17(火) 14:52
Impress Watch