ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

横浜M・中沢 西野監督の手腕に期待

4/17(火) 16:45配信

東スポWeb

 元日本代表DFで主将も務めた“鉄人”中沢佑二(40=横浜M)が、緊急登板した日本代表・西野朗監督(63)の手腕に期待を寄せた。

 ベテランDFは、新指揮官について「日本語で直接いろいろな話ができるし、西野さんはクラブや五輪を経験して多くの選手を見てきているので個の強い選手でもやりとりできる。結果が出る前にあれこれ言う必要はない」と話し、本田ら“アク”の強い選手とも円滑にコミュニケーションを取れるという見立てを示した。

 自身が経験した2010年南アフリカW杯前も、日本代表はふがいない戦いが続き、本番に向けて不安が募っていた。今回の監督交代劇と同じような状況と捉えられているが、中沢は「(当時監督の)岡田(武史)さんと選手の溝はなかった。僕らはコミュニケーションを取れていた」と“反論”。電撃解任されたハリルホジッチ氏とイレブンがコミュニケーション不足で空中分解した現状とは状況が異なるという。それだけに西野監督の就任でチーム内の意見交換も活発化し、逆襲の礎になるのは間違いない。衰え知らずのプレーを見せるベテランDFは代表復帰の可能性には「ヒザが壊れちゃうから」とやんわり否定。あくまで本番を控える後輩たちの快進撃を願った。

最終更新:4/17(火) 16:45
東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報