ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

富士通エフサス、企業の働き方改革を支援する「IDリンク・マネージャー」を機能強化、勤務状況分析などの機能を追加

4/17(火) 12:14配信

Impress Watch

 株式会社富士通エフサスは17日、企業の働き方改革を支援する「FUJITSU Software IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止(以下、IDリンク・マネージャー)」の機能を強化し、「IDリンク・マネージャー V2」として提供を開始した。

 IDリンク・マネージャー V2では、実質労働時間を総合的に把握する機能として「実働時間把握ダッシュボード」を追加。勤怠・就業システムの記録とIDリンク・マネージャーが収集したPC利用履歴(ログイン/ログオフ)や入退室履歴などをダッシュボード上に一覧化表示することで、勤務状況を可視化する。

 組織単位での月初の時間外状況に基づく当月の時間外予測の表示や、数カ月に渡る長期間での組織同士の比較、相対的に残業が増えている社員の把握など、俯瞰的な分析を可能にし、長時間労働が常態化している部署の発見や、無申告労働時間の表示によりサービス残業該当者を発見することなどを可能にする。

 組織・個人のシステム運用状況を分析する機能としては、IDリンク・マネージャーが記録しているPC利用時間の推移を集計し、グラフィカルなレポートで出力する機能を追加。組織全体のPC作業時間の合計のうち、残業申請・承認を経たPC作業時間と未承認状態のPC作業時間を表示することで、システム導入後の残業申請・承認がどの程度効果的に使われているか、従業員の自発的残業がどの程度まで減らせているかなどの確認ができ、組織マネジメントの見直しや、個人の時間意識向上に役立たせることができる。

 さらに、富士通社員への実践を通じて把握した「上司・部下間のコミュニケーション促進」「上司不在時の緊急業務対応」「フレックス勤務者の管理」などの課題に対応。部下からの残業申請を上司が否決する際にコメントを入力できる機能や、フレックス勤務者向けにはPC稼働時間を累積して、しきい値でPC利用制限を行う機能などを追加した。

 「IDリンク・マネージャー」は、オンプレミス型のパッケージ版と月額利用型のSaaS版があり、今回の機能強化はパッケージ版が対象となる。また、SaaS版については、デジタルサービスを中心に提供するウェブ販売サービス「エフサスポータル for クラウド」での販売を開始した。

クラウド Watch,三柳 英樹

最終更新:4/17(火) 12:14
Impress Watch