ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

シンガポール航空、ボーイング 787-10型機を成田~シンガポール線にも導入

4/17(火) 12:21配信

Impress Watch

 シンガポール航空は、世界初の定期便として関西国際空港~シンガポール・チャンギ国際空港線にボーイング 787-10型機を5月3日に就航するが、成田国際空港~シンガポール空港線にも787-10型機を5月18日から就航すると発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 シンガポール航空は787-10型機のローンチカスタマーで、米サウスカロライナ州チャールストン工場で製造された初号機は3月25日(現地時間)に引き渡され、デリバリーフライトを実施。4月4日には、関空において同社の2号機(登録記号:9V-SCB)の報道公開を行なっている(関連記事「シンガポール航空、ボーイング 787-10型機を関空で報道公開。新開発のビジネスクラスとエコノミークラス搭載」)。

 また、関空~シンガポール線も5月18日からは毎日2往復4便すべてが787-10型機となる。ちなみに成田~シンガポール線は毎日2往復4便運航しており、そのうち1往復2便が787-10型機となる。

シンガポール航空のボーイング 787-10型機に変更になる成田国際空港~シンガポール・チャンギ国際空港線

SQ637便:成田(11時10分)発~シンガポール(17時20分)着、毎日運航 ※5月19日から機材変更
SQ638便:シンガポール(23時55分)発~成田(翌08時00分)着、毎日運航 ※5月18日から機材変更

シンガポール航空のボーイング 787-10型機に変更になる関西国際空港~シンガポール・チャンギ国際空港線

SQ619便:関空(10時55分)発~シンガポール(16時40分)着、毎日運航 ※5月3日から機材変更
SQ618便:シンガポール(01時25分)発~関空(09時05分)着、毎日運航 ※5月3日から機材変更

SQ623便:関空(23時25分)発~シンガポール(翌05時05分)着、毎日運航 ※5月16日から機材変更
SQ622便:シンガポール(13時55分)発~関空(21時35分)着、毎日運航 ※5月16日から機材変更

 787-10型機は787-9型機と比較して全長が約5.5長く、標準仕様で約40席多い330席クラスとなる。シンガポール航空が関空路線で運航する機材の仕様で比較すれば、これまでのエアバス A330-300型機から座席数は約18%、貨物室の搭載量も約18%増え、ビジネスクラス36席、エコノミークラス301席の計337席となる。

 ビジネスクラスのシート配置はこれまで2-2-2だったが、それが1-2-1となり、すべての座席から通路に直接アクセスできる。ビジネスクラスのシートはステリア・エアロスペース社製で、全長76インチ(約193cm)、幅26インチ(約66cm)の180度フルフラットベッドになる。

 エコノミークラスのシートはレカロ社製で、3-3-3配置。各シートに11.6インチのフルHDタッチスクリーンモニターとユニバーサルAC電源、充電用USBポートを備えている。機内エンタテイメントシステムはビジネスクラスと同じ内容を利用できる。

 また、従来の機材ではフットレストを設けていたが、足元の広さを拡大し、手荷物置き場のスペース拡大のためにも廃止。ヘッドレストは高さや角度を変更でき、眠ったときに頭部を支えてくれる。

トラベル Watch,編集部:稲葉隆司

最終更新:4/17(火) 12:21
Impress Watch