ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

米加州、メキシコ国境への州兵派遣要請を拒否=国防総省

4/17(火) 10:32配信

ロイター

[ワシントン 16日 ロイター] - 米国防総省当局者は16日の会見で、トランプ政権が要請したメキシコ国境付近への州兵派遣をカリフォルニア州が拒否したと明らかにした。同州州兵側とは引き続き協議しているという。

トランプ大統領は今月初め、米国とメキシコの国境に不法移民の流入を防ぐための壁が建設されるまで、国土安全保障省による国境警備を支援する目的で最大4000人の州兵を展開する方針を表明した。

当局者によると、16日時点でメキシコと国境を接する南部4州のうち、テキサス州、ニューメキシコ州、アリゾナ州に約900人の州兵が配備されている。州兵らは国境警備に直接当たることはなく、法執行業務にも従事していない。

米国防総省当局者によると、連邦政府はカリフォルニア州に州兵237人をメキシコ国境に近い2区域に派遣するよう要請していた。

一方、カリフォルニア州州兵の広報担当者は「州当局者は何も拒否していない」と説明。同州のブラウン知事が先週、この件に関し連邦政府に提案を行い、回答を待っている段階にあるとした。

最終更新:4/17(火) 10:32
ロイター