ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

F1=レッドブルとフェラーリ、メルセデスの牙城崩す

4/17(火) 10:54配信

ロイター

[ロンドン 16日 ロイター] - 自動車レースF1は今季第3戦を終え、レッドブルとフェラーリが、近年圧倒的な強さを誇ってきたメルセデスの牙城を崩しつつある。

15日に決勝が行われた今季第3戦、中国グランプリ(GP)では、ダニエル・リカルド(オーストラリア、レッドブル・タグ・ホイヤー)が今季初優勝を達成。

メルセデスのバルテリ・ボッタス(フィンランド)が2位。ルイス・ハミルトン(英国)は4位だった。メルセデスは3戦続けて優勝を逃している。セバスチャン・フェテル(ドイツ、フェラーリ)が開幕から2連勝中だった。

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は「メルセデスのマシンは今でも速い」としながらも、「どのスポーツでも、いずれ勝つのが難しくなるか、勝てなくなるときがくる」とコメントした。

最終更新:4/17(火) 10:54
ロイター