ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「80歳の組長らを殴る蹴る」暴力団幹部ら5人逮捕

4/17(火) 19:09配信

MBSニュース

MBSニュース

 今年2月、大阪・ミナミの路上で任侠山口組系の暴力団組長ら3人を殴る蹴るなどしてけがをさせたとして、六代目山口組系の幹部ら5人が逮捕されました。

 傷害などの疑いで逮捕されたのは、六代目山口組傘下の「兼一会」総本部長・須田真光容疑者(40)ら5人です。須田容疑者らは今年2月、大阪市中央区の組事務所近くの路上で、任侠山口組系の80歳の組長ら3人に対し殴る蹴るの暴行を加え、けがをさせた疑いがもたれています。80歳の組長は鼻などを骨折する重傷で、残る2人は軽傷でした。

 「兼一会」は当時、神戸山口組の傘下でしたが、この事件後に絶縁処分となり六代目山口組に移籍したということで、警察は双方の組の動向に警戒しています。

MBSニュース

最終更新:4/17(火) 19:19
MBSニュース